米国は先進国で唯一、国民皆保険制度がなく、医療保険未加入者が多く存在することで知られている。 2014年から施行された「アフォーダブル・ケア・アクト(ACA)」、通称「オバマケア」は、各州に医療保険取引所を設けて保険を販売すると同時に、従業員に保険を提供しない企業や未加入の個人にペナルティー(税金)を課すことにより、保険加入率を増加させようというものだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。