昨年6月に正式導入された「コーポレートガバナンスコード」。東芝の不正会計事件や大塚家具、セブン&アイなど企業統治に絡む出来事が相次ぐ中で、その構築の必要性をさまざまな角度から解説しているのが『企業の真価を問うグローバル・コーポレートガバナンス』です。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。