室内には淀んだ空気が漂っていた。薄暗いのは節電のせいだが、こんなに淀んでいるのは、そこにいる人間が放つ重苦しいムードが原因だった。「湯河さんをお連れしました」森上は部屋の奥に陣取っている人物に声をかけた。首都電力会長の濱尾重臣だ。胸を張ってこちらを見つめている。その態度には、日本を滅亡させかねない大事故を起こした企業のトップとしての神妙さなど微塵もない。財界のドンにとっては、原子力発電所の事故すらさしたる問題ではないのだろうか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。