LCC元年からはや4年が経過した。日本のLCC地図は、当初の“下馬評”からは懸け離れたものとなっている。最大の番狂わせはアジアLCC界の雄、エアアジア・ジャパンの撤退だろう。再チャレンジを狙うも、計画通り2度目のフライトができない裏には、愛憎渦巻く人間ドラマがあった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。