5階建てのマンションにエレベーターを新設することになり、ある人が提案した。「1階の住人に全ての費用を負担してもらおう」。1階以外の住人の全てが賛成。多数決での決定なので従わざるを得ないのか。『「決め方」の経済学』は、経済学者が社会選択理論をベースに多数決の致命的な欠陥や、ボルダルール、コンドルセルールなどによる意思決定の結果の違いを説きます。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。