「改革」の段階は過ぎ、「解体」を模索しているのが地方競馬だ。昨年度の売上高はピーク時(1991年度)の3分の1の3314億円まで減少。経営悪化で廃止も相次ぎ競馬場数は28カ所から16カ所に減ってしまった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。