空港の国際線貨物ターミナルで飛行機から降ろされた遺体に寄り添う日本人がいる。彼らは表に出ることなく、遺族のために働いている。海外で亡くなった人の遺体を故国へ送り届ける仕事人である。遺体は飛行機の貨物室で海を越えて運ばれる。以前取材をした「国際霊柩送還士」は、そのためにさまざまな申請手続きを行い、他国と連携して搬送していた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。