心臓が止まって、真っ暗で、苦しい状態で倒れていました。そのときはまだ体の中にいる感覚はあったのですが、次の瞬間、飛び上がっているんです。そして、斜め上から自分の顔を見ている。 「これは死ぬ?」と、そのとき死を直観したんです。「死ぬのは嫌だな」と思いました。やり残したことがいっぱいあるし。一番強く思ったのが、まだ見ていないお嫁さん。その人に出会いたいなと思ったんですよ。そう強烈に思った瞬間に、ものすごい光がぶわぁっと見えてきて、真っ暗が真っ白になったんです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。