貿易構造の変化は、日本の競争力低下という残酷な現実を映し出す。1989(平成元)年以降、日本の輸出入の総額は増えているものの、世界における貿易シェアは7.7%から3.8%へと半減。電機など輸出産業の競争力低下が影を落としているのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。