池井戸潤さんの新作『陸王』。小説ながら絶対にビジネス書として読みたい著作です。足袋の街・埼玉県行田市。老舗足袋業者「こはぜ屋」は、じり貧で四苦八苦の状態。あるとき社長の宮沢は、長年培ってきた足袋作りのノウハウを生かしたランニングシューズの開発を思い立ちます。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。