スコアをまとめるには、ガードバンカーにつかまっても、ピンそばにピタリとつけて1パットで切り抜けたい。今回は、そのための高等テクニックをレッスンしましょう。まずは距離のコントロールです。アプローチと同じように、スウィングアークの大きさで距離を打ち分けるのが基本。「腰の高さ」と「肩の高さ」の振り幅で、何ヤード飛ぶのかを自分なりにしっかり把握しておきましょう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。