7月10日、上海で閉幕した主要20カ国・地域(G20)貿易担当相会議において、世界経済低迷の一因とされる過剰生産問題をめぐって、議長国の中国と西側諸国との間で激しいやりとりがあった。王受文商務次官は記者会見で「過剰生産能力の問題は、今回の重要な議題ではない」と嫌がったが、結果的に共同声明には「鉄鋼などの過剰生産問題は世界的課題であり、一致した行動が必要」だと盛り込まれた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。