インターネットはいまや国民の5人に4人が利用するまでに普及。スマートフォンなどモバイル市場を加えると、ネット産業は20兆円規模に上り、停滞する日本経済の中で唯一、成長産業となっている。だが、ビジネス拡大の源泉を注意深く見ていくと、無料を餌に利用者を「罠」にはめ、巨額の利益を得ている姿が浮かび上がってくる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。