国家の安全保障を考える上では、仮想敵国の武力が問題になる。2014年3月、ロシアは、民兵に偽装した特殊部隊員、親ロシア派の住民、正規軍を組み合わせた「ハイブリッド戦」に乗り出し、クリミア半島を制圧した。その結果、にわかにロシア脅威論が燃え上がった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。