言うまでもなく、野球は団体競技だ。チームには監督が決めた方針や作戦があり、幾つかの決め事がある。一方で、そうした決め事を越えた個人の自主性が、チームの力になる場合がある。1993年の日本シリーズ第7戦での古田敦也さんの「ギャンブルスタート」については、以前の当欄でも触れたが、私もベンチからの指示に反して動いたことがあった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。