朝食を済ませると、鷲津は日課の散歩にでかけた。サム・キャンベルが屋久島に自宅を構えたのに合わせて、鷲津も屋久島に別荘を所有した。これまでは年に数日滞在する程度の利用だったが、今回ばかりは長期滞在となりそうだ。本土と異なる南国の風に当たり、体まで青く染まりそうな海を眺めていると、同じ日本の地で悲惨な震災と甚大な原子力発電所事故が起きていることすら忘れてしまいそうだった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。