2016年6月28日、欧州最大の自動車メーカー・独フォルクスワーゲン(VW)は、去年発覚した排ガス不正をめぐる集団訴訟の和解へ向けて、大きな一歩を踏み出した。この日原告団とVWは、米カリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所に、米国の消費者に対する補償についての合意内容を提出した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。