カリフォルニア州パサディナ。ロサンゼルス郊外にあるこの街のジョン・ミュアー高校で新作ドキュメンタリー映画「ジャッキー・ロビンソン」の試写会が行われた。画面に映し出されたのは、1919年に生まれたジャッキー・ロビンソンという名の黒人男性の写真。当時パサディナの市営プールでは黒人が白人と一緒に泳げない人種隔離政策が行われていた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。