西川武臣著『ペリー来航』で興味深いのは、草の根レベルでの反応だ。西川氏は、〈庶民の国際化も、ペリー艦隊の来航をきっかけにして急速に進んだ。特に、一八五四年の横浜村での交渉が二ヵ月間近くも友好的に進められた結果、多くの人びとがペリー艦隊の将兵と交流を繰り広げることになった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。