地方再生のレシピ』の著者奥田政行氏は、山形県鶴岡市のイタリア料理店「アルケッチャーノ」のオーナーシェフにして、庄内の親善大使を務める。地元の庄内を元気にするためにはどうしたらよいか、長所短所を探り、同じ志の仲間を募り、そして、自ら都会へ出掛け、庄内の食の魅力を発信してきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。