台湾の受託製造会社、鴻海精密工業(ホンハイ)の傘下に入ることを決めたシャープ。6月の株主総会を経て、新たな取締役の陣容が固まったが、その中で今後の経営のカギを握っているのが、郭台銘会長の特別補佐として、グループ会社の会長も務めている劉揚偉氏(60歳。写真)だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。