「けんかで腹部を撃たれた」「麻薬ディーラーが頭を撃ち抜かれた」。筆者が住んでいる米ニューヨークの一角だと、年に1~2回はこんな銃絡みの事件が起きる。それでも、地元民は割り切っている。米国では殺人の3分の2が銃を用いた事件だが、多くはその道の「プロ」が関わっている。不審者には近寄らず、深夜に人通りのない場所に行かなければ、「巻き添え」に遭う可能性は小さくなる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。