製造強国を目指すべく、製造業の今後10年間のロードマップを示した「中国製造2025」を中国政府が発表したのが昨年5月。これを着実に実現するためにロボット産業を重点発展分野とし、迅速かつ健全で持続的な発展を推進するため、今年3月に「機器人(ロボット)産業発展計画(2016~2020年)」(以下、「ロボット産業発展計画」)が発表されている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。