1980年代末のバブル期、評者は都市銀行マンとして、大阪・鶴見の街で顧客回りをしていた。都市銀行、地方銀行が集中する激戦区で、軽四輪車で地主を訪ねると、相続税対策の指南か、黒塗りのハイヤーから降りてくる信託銀行マンたちとバッティングすることもあった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。