今回は、特集テーマに合わせ、「純粋数学としての確率論」について書いてみたい。確率論の起源は古い。ピエール・ド・フェルマーやブレーズ・パスカルといった17世紀のフランスの数学者による、賭博に関わる研究などが、その一つといわれる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。