6月23日、英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票が実施される。世論調査では残留派と離脱派が拮抗しているが、仮に離脱派が多数になり、英国がEUから離脱した場合、市場に混乱を与え、英国経済のみならず世界経済に大打撃となりかねない。離脱派が国民投票で多数になったとき、何が起きるのか。為替やマネーのトレンドを多角的に分析する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。