日本の政府債務(対GDP〈国内総生産〉比)は200%を超え、先進国中で最悪の水準だ。60歳以上の世代と将来世代(0~19歳を含む)の「世代間格差」の大きさを示すものとして「世代会計」がある。これは、「国民が生涯を通じて、政府に対してどれだけの負担をし、政府からどれだけの受益を得るか」を推計する手法だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。