ポスト池田体制の確立が急務の創価学会。だが、本部中枢の“奥の院”では最高幹部の主導権争いが繰り広げられてきた。カリスマ不在の故に起きた権力闘争は、分裂の引き金となるか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。