今月はいずれも主役級の面白さ。まず『未来化する社会』は、IoT、AI、ロボティクスなど六つの先端産業が、グローバル化の進行と合わせて社会をどのように変革していくかを説いた著作。著者はヒラリー・クリントン国務長官時代にイノベーション担当上級顧問を務めた未来学者です。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。