4月15日、インドネシア中央銀行(BI)は、8月19日から政策金利を、BIレートから7日物リバース・レポレートに変更すると発表した。リバース・レポとは、国債等を担保に、中銀が民間銀行から資金を借り入れる資金吸収取引である。変更の目的は、金融政策の効果を高めることだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。