南シナ海周辺で中国が軍事力を持って海洋進出を進めているだけでなく、海洋資源が集中するアラビア半島で「イスラム国」による武力活動やシリア政府と欧米政府の対立、サウジアラビアとイランの国交断絶など、世界経済は混迷を深める。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。