「医師国家試験に受かれば誰でも医師になれる。どこの医学部に入っても大した違いはない」──。こういったことを言う人も少なくないが、実態は異なる。医学部には旧帝国大学を中心に、歴史に裏打ちされた“格”が厳然として存在する。医師になってからも、その格付けから逃れることはできない。ならば、超難関の医学部に入る覚悟があるなら、医学部の格、すなわち“序列”を知っておき、最大限に能力を発揮できるような環境に身を置くべきだろう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。