2004年度に臨床研修医制度が始まって以降、大学病院の医局に所属せず、フリーランスのように病院を回る医師が増えました。同時に、若手が集まらない医局は弱体化しました。現在、大学病院の教授たちを中心に、新しい専門医の養成制度をつくる計画が進められているのは、医局側の巻き返しという面もあるのでしょう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。