再稼働には、新規制基準に適合しているという原子力規制委員会からのお墨付きが必要だ。基準をクリアするには原子炉内の補強や地震・津波対策のための地盤工事、巨大な防波壁の建設など巨額の投資が必須。業界全体の総投資額は、少なく見積もっても2兆7000億円を超える。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。