去年9月に欧州最大の自動車メーカー、独フォルクスワーゲン(VW)が違法なソフトウエアをディーゼルエンジン車1100万台に搭載して、米国などの窒素酸化物(NOx)規制をかいくぐっていたことが発覚したが、排ガス不正疑惑は他のメーカーにも広がり始めている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。