「蛇が出そうで蚊も出ない」とはこのことをいうのだろう。衆参同日選をめぐる攻防が最終局面を迎えた5月29日。副総理兼財務相の麻生太郎が富山市でほえた。「(2014年衆院選で)消費税を1年半後の17年4月から上げますと言って当選したのだから、再び延ばすなら1回選挙をして信を問わねばならない」この前日の土曜日の夜、首相の安倍晋三が首相公邸に麻生を筆頭に自民党幹事長の谷垣禎一、官房長官の菅義偉という政府、自民党の最高幹部を集めて通告した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。