「夢の万能細胞」と呼ばれるiPS細胞が開発されて10年が経過、世界初となる患者への移植手術も成功し、今や「夢」ではなくなった。周辺産業も含めた世界の市場規模は53兆円にまで拡大するとみられており、産業界も覇権争いを繰り広げる。日本発のiPS細胞は世界を変えていく。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。