調べるほどに、彼の強力なリーダーシップとトップダウン型経営に舌を巻き、会社という生き物はリーダー次第でかくも劇的に変わるのかと、思い知らされました。なぜこの小説を書いたかといえば、結局、一番大事なのはリーダーであり、リーダーはかくあるべき、と言いたかったからです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。