今年の5月14日はエドワード・ジェンナーが世界で初めて天然痘ワクチンを開発したとされる日からちょうど220年後に当たる。天然痘ウイルスは人類が初めて根絶した最初の病原体となったが、世界には今なお多数のウイルスが存在し、人類の健康を脅かしている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。