パナマの法律事務所モサック・フォンセカから流出した顧客情報、通称「パナマ文書」が世界に大きな波紋を広げている。国際調査報道ジャーナリスト連合は5月10日、同文書に記録されたタックスヘイブン(租税回避地)を使った約21万社のペーパーカンパニーに関する情報を公開した。社名だけでなく、役員や株主に就いていた個人・法人の情報が、誰でも簡単に検索、閲覧できる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。