田中角栄元総理に関する出版物が再び注目されている。彼が愛した酒を通して、その人間像に迫ったのが『田中角栄の酒』だ。新潟から上京し総理にまで上りつめる過程、ロッキード事件後の苦悩の姿など、さまざまなエピソードが登場する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。