銀行業界において慶應義塾大学の話題で外せないのが、慶應卒業生である静岡県の名物地方銀行経営者2人だ。一人は、1967年経済学部卒のスルガ銀行社長、岡野光喜。慶應の最高決議機関である評議員会に名を連ねる重鎮だ。もう一人は、76年商学部卒の静岡銀行頭取、中西勝則だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。