「エンターテインメント企業が四半期決算で株価が左右されるのはかなわない」として非上場化した吉本興業だが、その後のバランスシートがどうなったのかを検証する。最新のバランスシート(2011年9月末)を非上場化する前の09年3月期のものと比較したところ、資産は4分の1が吹っ飛び、固定負債は5倍に膨れ上がった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。