慶應義塾には、日本近代化の旗手である福澤諭吉の建学の精神が150年以上の長きにわたって連綿と受け継がれている。経済界などで活躍する人材を輩出し続ける慶應の強さの源泉といえるこれら精神などについて、諭吉のひ孫に当たる福澤武(三菱地所名誉顧問)が語る。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。