ニトリホールディングスの業績が絶好調だ。2015年度は29期連続増収増益を達成し、今期は30年連続の記録に挑む。2月には社長が創業者の似鳥昭雄から白井俊之へと交代。22年に1000店という壮大なビジョンに向けて突き進む、新生ニトリの姿を追った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。