高利益率で鳴らす信越化学工業が「役員異動の会見を行う」との一報が入った4月26日、業界はにわかに色めき立った。同社の賀詞交歓会には化学大手の首脳まであいさつに訪れることで有名な化学界のドン、金川千尋会長が「ついに引退するのではないか」との臆測が飛び交ったからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。