米大統領、バラク・オバマの広島訪問が決まった。5月10日午後9時すぎ、首相の安倍晋三が突然、記者団の前に現れた。 「今月27日、主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)終了後、オバマ大統領と共に被爆地、広島を訪問することを決定した。オバマ大統領の広島訪問を心から歓迎する」広島への原子爆弾投下から実に71年。米国の大統領が広島に足を踏み入れたことは一度もない。日本の政府高官の一人もオバマの広島訪問が決まった後、こう語った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。