創業100年を超える大手の電機メーカーが、初めて外資に身売りすることとなった。日本の産業史に刻まれる出来事にもかかわらず、交渉の過程を見れば、経営陣や取引銀行のモラルを疑う言動が随所に見られる。シャープを手中にする郭台銘会長率いる鴻海精密工業(ホンハイ)の野望と、企業・産業の在り方が問われた今回の買収劇の真相に迫った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。