「好きこそものの上手なれ」とはよく言ったもので、はた目からは努力や苦労に見えても本人にとっては娯楽に等しい。人気の経営学者は『「好き嫌い」と才能』で、19人のプロフェッショナルたちにロングインタビューを試み、仕事の最強の論理は「努力の娯楽化」であることを証明します。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。