消費増税を先送りすべきかどうかをめぐっても、意見は二つに割れた。増税延期賛成派と反対派の争点は、突き詰めれば三つに絞られる。第一がGDP成長率の低下の原因が、14年4月からの消費税率の引き上げにあるのかどうかということ。第二が日本の成長率そのものが低下してしまったのかどうかということ。第三が財政再建をめぐる優先順位の問題だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。